アニメを学び楽しむのなら専門学校へ【確かな技術でプロに】

努力をしていく

漫画

本当に重要であるのは専門学校に入学してからであります。アニメを本気で学んでいるのであれば実力は確実に付いてくる物です。凝塊も近いのであらゆる経験罪ながら、プロへと進んでいくのです。

Read More

学校探し

漫画

アニメの専科や専攻が存在している専門学校を探すのであれば、インターネットを駆使すると簡単にたくさんの情報を入手出来ます。首都圏や地方都市あらゆる所に存在している学校を、効率よく探せるのです。

Read More

学費で考える

漫画

学費で専門学校を選ぶという方法もあります。アニメ専科がある学校は本当にそれぞれであり、様々な学費を設定しています。だからこそ学費の事は真剣に考えて行くべきです。

Read More

アニメを担う人材に

漫画

日本が誇る文化のひとつとして、デジタルとセル画の双方が存在するアニメーションがあります。現在はデジタルが主流となっていますが、原画や動画は現在でも鉛筆書きというアナログ手法で行われています。そんなアニメですが、日本では独自の文化を遂げているのです。技術的な事ではなく、アニメの作品的な部分で日本らしさを醸し出していると言えるでしょう。キャラクターデザインとは似ても似つかない骨太なストーリーを誇る作品、限られたクールでの話数であるのに膨大なストーリーをつぎ込みながらも成功した作品、CGを使わずともよりリアルな作画を展開する作品など、あらゆる作品が日本独自の発展を遂げて世界に羽ばたいているのです。それらの作品を支えるのは作り手です。アニメは原画と動画だけではなく、背景や仕上げそして音響など、あらゆる分野の方々が仕事をして初めて一話のアニメ作品が完成するのです。そんな素晴らしいアニメ業界ですが、業界的に不況に陥っている事もあり現在は勢いを失いつつあります。しかしそれは制作側の話であり、アニメファンは日々アニメを待ち続けています。マンガが原作やアニメ脚本が原作の作品の新しい作品を、今か今かと待ち続けているのです。経済効果的にも文化的にもアニメはなくなってはなりません。だからこそ現在は業界も労働の見直しなどを行い、仕事環境を改善していく方向に話が進んでいます。そして次世代のアニメの作り手を教育しているのです。

アニメを学べる専門学校は多く、全国各地に専科を取り扱っている専門学校があります。専門学校で学びそして原画や動画スタッフとして卒業後働いている方は多いです。そして原画や動画の技術はどうしても素人の独学では習得出来ない難しさがあります。専門学校ではそういった問題を解消して、卒業後に困らないように確実な技術を叩き込んでくれます。手書きの技術はもちろんの事、3Dアニメの技法や動画編集までをも教えてくれる専門学校がほとんどです。講師は流石に専門学校によっては異なりますが、学べる技術はほぼどの専門学校も差はないと考えて大丈夫です。では学校ごとになにが異なるのかと言うと、授業の進め方やどういったスクールライフを送る事になるかです。三年次に課題としてアニメを一本作りあげるなど、専門学校によって様々な課題が出ます。そして提携しているもしくは縁がある制作会社と、合同で何かを行なうカリキュラムを組んでいる専門学校もあります。技術を学ぶだけではなく経験を積むという事が専門学校では体験出来てしまうのです。専門学校を選ぶとしたら、どの様なカリキュラムを用意しているのか講師がいるのかなど、この方面や学費の方面で選ぶといいでしょう。自分が全力で学べる場所を用意してくれている専門学校を選び抜くのです。